FXの基本、トルコリラでの運用の基礎知識を解説

worldmoney1.トルコリラをFXで運用する

サイトの内容としてはトルコリラに関すること、FXの概要、FXで飛び交う専門用語などを中心に、リーマンショックや高金利通貨といったワードのことも掲載しています。
基本的な情報は当サイトで入手していただけると思います。

そして、トルコリラに興味を持っているという方や、FXを始めてみたいと思っている方にとっても有益な内容であれば嬉しいです。

以下に、FXやトルコリラ、そしてトルコに投資するメリットの簡単な説明も記載させていただきましたので、どうぞご覧ください。

2.運用する前におさえておきたい基礎用語

FX・・・外国為替証拠金取引のことで、自己資本金(保証金といいます)を業者に預託して差金決済による通貨の売買を行う取引のことを指します。
この差金決済で利益を上げていく投資方法になり、日本では1998年に法改正が行われたことで市場が急激に拡大していきました。
業者によっては比較的少なめの保証金でも取引をすることができるので、初心者でも手軽にはじめやすいと評判。
さらに、レバレッジを利用することで保証金以上の外貨取引も可能です。
もちろん倍率を上げることでリスクは高くなりますが、利益を上げることができれば通常以上の差益が手に入ります。
ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターン、どちらもできることが魅力です。

トルコリラ・・・トルコ共和国の現行通貨です。
1990年代後半以降は経済が低空飛行となり、インフレーション時代へ突入。
2000年には深刻な金融危機が起こり、トルコリラが暴落。
翌年の実質GNP(国民総生産)がマイナスに。
最終的には2005年にデノミネーションが行なわれ、新トルコリラが誕生。
今に至ります。

トルコリラ(TRY)の特徴はこちら

トルコに投資するメリット

  • 好景気が続いている・・・急激かつ安定した経済成長に注目が集まっています。GDP成長率が2002年以降年平均4.7%に。
  • 毎年約100万人もの人口増加・・・しかも29歳以下の若年層が約半数を占めており、将来性も高いでしょう。
  • 高金利・・・インフレを抑制するために高金利政策が行なわれることも。現在は7.50%で落ち着いています。トルコの政策金利を利用して日本円で取引すれば、高スワップポイントを生み出せますね。
  • 日本国内での取引量が少ない・・・国内の金融機関においては、トルコリラの運用はまだまだマイナー。近年ようやく運用を開始した銀行や証券会社が多いです。
  • トルコリラ安円高・・・現況はトルコリラが40円台で推移しています。底値だと予想する人も多く、またトルコ中央銀行もこれ以上のトルコリラ安は容認しないと宣言しているほど。そのため、今のうちに大量買いしておくことで将来的に戻り余地が大きなものになる可能性が高いです。

3.なぜFXを始めようと思ったのか

私は、一般企業に勤めるごくごく普通のサラリーマン、年齢は30代です。
ここ数年、不況のあおりを受けて給料は徐々に減らされていて、何か良い副業はないかと探していました。
とはいえ、会社の規則として副業は禁止。
違反にならない「稼ぐ方法」はないかなと、ずっと考えていたのです。

そんな時に思い出した、“投資”
実は学生時代に少しだけ投資経験があり、といっても10年以上前の話なのですが。
浅い知識しかない私なので、初心者も同然ですね。
そんな私ですが、投資で一花咲かせてみたいと思うようになりました。

ただし、株はリスクも大きく紙切れになるかもしれないという不安が強く、手が出ません。
不動産は元手がないので論外ですし。
なにか都合がよい投資はないかとインターネットを中心に検索をしながら日々を過ごしていました。

いろいろと調べてみたところ、ローンや預金などの金利に興味を持つように。
特に2月にくりっく365という超大手のFX取引所に登場したトルコリラがアツいようです。
そこで、自分なりに調べたトルコリラとFXのことをサイトにまとめてみなさんと情報共有をすることにしました。
「トルコリラをFXで運用する」方法のメリットを誰かに伝えたいと思い始めたサイトとなりますので、今後の運用に活かして頂ければ幸いです。